HOME | トップページの写真

黒磯神社
  栃木県 那須塩原市
 
原野だったこの地は、明治17年に国道と2年後に鉄道が開通し、那須温泉と板室温泉の玄関口として、また駅に機関庫と保線区が設置されたことにより、交通の要所となり町が発展しました。住民が増えた事で人々の心をまとめて町の発展を祈願するため、明治35年に旧家渋井家の寄進により黒磯神社が創立されたのです。昭和39年に本殿と拝殿が焼失し、翌年に氏子の寄進により鉄筋コンクリート造りで新築されました。